【電子ジャーナル利用上の注意 】 2016/1/25
  
   データベースやオンラインジャーナルの利用をする場合には、著作権法や提供元の利用規約・
   利用条件等が  定められていますので、規約上で禁止とされている事はできません。
   詳細はサービス提供元ごとに異なりますが、共通する禁止事項は以下のとおりです。

  ◆大量データを一括してダウンロードすること
   ・個人利用の範囲を超えた大量のダウンロードやプリントアウト
   ・特にプログラム等を利用した自動操作による一括した大量ダウンロード
  ◆個人の学術研究および教育以外の目的で使用すること
  ◆複製や第三者に再配布すること
  ◆その他著作権法に違反すること・・・
   ※【重要!!】例:1冊全ページにわたるダウンロードやプリントアウトは違反です。
   (「ほぼ全ページ」も違反と判断されますので、要注意!)
    <参考>国立国会図書館HP(著作権にかかわる注意事項)
         http://www.ndl.go.jp/jp/service/copy/copyright.html              
              
       
   ※上記のような違反利用があった場合は、
    一個人の違反行為であっても、学院全体に対して利用停止等のペナルティが科せられ、
     本学の学術研究・教育活動に重大な損失を与える可能性があります。と同時に今後契約できない
     という事態にもなりかねません。
     マナーを守って利用してください。

  ◆配布されたID/PWは他人へ知られないよう、取扱いにはくれぐれも気をつけてください。

ロゴイメージ