アジア・アフリカ図書館2017年度特別展示
『“道(みち)”から見たアジア・アフリカ世界』
―シルクロードを中心に―
 アジア・アフリカの文化や生活様式は、陸・海シルクロードをはじめ道路・河川などの“道”を通して異文化や他地域との交流によって伝播や接触が行われ、形成されてきた歴史を持っています。  砂漠の道、そして草原の道を通って、遥かなるローマに至った壮大な陸のシルクロードの旅は、東の大文化圏中国(長安)を結んでいます。もうひとつのシルクロード“海の道”は、地中海から紅海、インド洋、そして東南アジア沿岸、中国沿岸へと“シルクロード・海の道”をたどり東西交易と文化交流の歴史をさぐる冒険とロマンに満ちた大紀行ドキュメントを演出します。  陸のシルクロードは、東(洋)と西(洋)の交流によって文化や生活様式の文化圏を形成し、海のシルクロードは南シナ海・インド洋などの海上交通が人やモノ・文化(アラビアンナイトもその一例)の形成をもたらし、鄭和の南海大遠征やムスリム・ダウによる交流などで東洋と西洋、その中間地域(インド・アラブなど)に大きな影響を及ぼしました。近・現代には、産業・経済の開発や発展のための交流や交通の計画が進められています。そのルートの多くはかつてのロードや航路に依拠しています。これらの交通の意義や様態・機能やそれによってもたらされた文化や地域変容・風物などをとらえながらアジア・アフリカ世界の特色と変化を知ることができるのではないかと思われます。これらの“道”を通してアジア・アフリカ世界の旅に出てみませんか。                          
期  間:2017年8月30日(水)〜2018年4月1日(日)
場  所:アジア・アフリカ図書館      〒181-0004 東京都三鷹市新川5-14-16      ℡ 0422-44-4640
開 館 日:火・水・金・土・日曜日 (第3水曜日、年末・年始を除く。なお、火・水・金曜日が祭日にあたる場合は、休館となります。)
開館時間:平日=12:00-17:00、土・日曜=9:30-17:00
ロゴイメージ